頼り物 2

前日の数珠の頼り物について続きがあります。

例えばサプリ。

これをただのお菓子として食べるうちはまだいいのです。

しかしこれを飲まないと元気になれないとか、疲れやすいと信じて、サプリに意味を与えると、頼る様になります。

すると本来自分にすべて備わっている自然治癒力を、サプリに頼るので、自分のパワーが失われて行きます。

神社も同じです。ただの建造物として観るだけならいいのです。

しかしこの神社に行くと運が良くなるとか、安産になるとか意味を与えると、神社に頼る様になります。

すると本当は自分にすべて備わっている自分のパワーが、神社に奪われて行きます。

そうやって色々な物に頼るうちにドンドン自分自身のパワーが失われて、不調や不運を呼ぶのです。

自分だけを信じてください。

自分の股間部にパチパチと手を合わせてありがとうを言うだけで自然界の最上級パワーが流れて来ます。

人は股間で命を授かり、股間から産まれます。股間部がパワーの源です。

頼り物 百害あって一利無し

AM 10:48癌などの重い病気にかかると、不安で不安で何かに頼りたくなる気持ちはわかります。

すがりたく気持ちもわかります。

医者、薬、神社、お守り、サプリ、パワーストーン、お寺、霊能者、

良いと聞けば、何にでも頼りたくなるでしょう。

でも、病気を作れるのは自分だけ。

病気を治せるのも自分だけのです。

自分を信じて、自分のパワーを最大化すれは、癌も1秒で消えます。

しかし、自分以外を頼れば頼るほどに、自分のパワーが頼り物に奪われて行きます。

結果的に、どんどん病気は悪化してゆきます。

人生に不調、不運が起きます。

頼り物 百害あって一利無し

どうか、気が付いてください。