御朱印帳の怖さ

昨日頼り物に付いて書きましたが、

実際に頼り物の怖さを体験した方のお話しをします。

その方は、この1ヶ月くらい、両膝が痛くて痛くて、座る事ができなくなりました。曲がらないのです。

浄化をするとその時は良くなるのですが、翌日にはまた曲がらなくなります。とても辛そうです。

小川先生に見てもらうと、頼り物が3つあるとの事。

思い当たる一つが、御朱印帳でした。彼が神社仏閣が好きで、毎週2人で回って歩き、その度に集めた思い出の詰まった御朱印帳。どうしても捨てられなかったのです。

御朱印帳に頼っていたわけでもなく、単に観光記念のスタンプ程度の気持ちで集めていただけの御朱印帳。

これくらい持ってても何でもないでしょう。

そう思って捨てられず。

でも膝を治したい。それで結局、その御朱印帳を捨てる事にしました。

ゴミ袋に入れて外に出した途端、、、

膝の痛みが消えたのです。


不思議です!

このように自分では頼っているつもりが無くても、御朱印帳が体にはマイナスの作用をしていたのを痛感したとの事。

恐るべし頼り物。

今日も

頼り物 百害あって一利なし

目覚めた瞬間から人生に「ありがとう」がいいたくなる。感謝の流儀

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

LINEお友達

LINEのお友達登録をしていただくと、ブログ記事の更新や、LINE限定の情報がお届けされます。

友だち追加

無料レポートダウンロード

感謝の流儀講座

体験インタビュー

プロフィール

このブログの管理人をしている藤井照久と言います。

子供の頃から、ユリゲラーの超能力やUFO、幽霊、心霊現象などが大好きで見えない世界に強く惹かれていました。

 

>>>詳しく見る

お問い合わせ

TOP