2年前に突然歩けなくなり、車椅子生活になった息子さんが、突然歩き始めた話し

に参加しました。ここをプチっとクリックしていただけると、このブログ順位が上がります。ご協力に感謝いたします。

最近浄化をさせていただくようになって、色々とビックリするような報告が出てきているので、ご本人の許可を得て、ご紹介させて頂きます。

8月末に相談に来られた20歳位の息子さんを持つ、お母さんです。

息子さんは今から2年前の朝、突然立って歩けなくなりました。

解離性障害と言う転換性障害で、心の病で歩けなくなりました。

それまでは普通に歩けていて、ピアノがとても上手で、ストリートピアノを弾いてたくさんの人を楽しませていたそうです。

さらに聴覚過敏で、日本語を聞くとパニック障害になるようになり、いつも耳栓をして、その上からBOSEのノイズキャンセルヘッドフォンを付けるようになったそうです。

歩けないので車椅子生活になり、家でもキャスター付きの椅子に座ったままで生活をするようになりました。

家で使っているキャスター付き椅子

浄化をしても難しいかも。ところが・・・。

そんなお母さんが、塚本先生の体験会に相談に来られたのが8月末。

息子さん本人の依頼ではないので、難しいかもしれませんと言いながら、浄化をされていました。

またその後、私ともzoomで2時間ほど浄化をさせていただきました。

すると、この1ヶ月くらいの間に、突発的に椅子から立って歩いたり、走ったりし始めました。

洗面所へ歩いていくと言う、ごく普通のことが、お母さんにとって奇跡に思えるほどのことが起き始めました。

洗面所で体重計に乗って体重を計ったそうです。すると2年前は50キロだった体重が、44キロに減っていたそうです。

それでも歩いて洗面所へ行って体重計に乗ったことが、もう凄いことなのだそうです。

しかし立って歩いても倒れて、そこにうずくまってしまうそう。そうやって息子さんは立って歩く日と、全く歩かない日を繰り返していました。

そんな中でもお母さんは、毎日感謝の順番を繰り返していました。

海岸を歩いた!

ところが先日、家族で海へ行く事になり(これも奇跡だそうです)、息子さんは車椅子を降りて、立って歩いて、転んでもまた自分で立ち上がり、そして階段や岩、砂浜を自分の足で歩いて、海水に手を付けたのです。

今まではわずか2段の階段でも進めなかったのが、階段を自分の足で歩いて行きました。

お母さんはもう感激で、涙、涙だったそうです。

その後も家に帰ってからも、歩いているそうです。

正直、私自身が驚きました。

本当に自然の力に感謝です。

自然の力を詳しく知りたい方は
ここをクリック

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

LINEお友達

LINEのお友達登録をしていただくと、ブログ記事の更新や、LINE限定の情報がお届けされます。

友だち追加

プロフィール

このブログの管理人をしている藤井照久と言います。

子供の頃から、ユリゲラーの超能力やUFO、幽霊、心霊現象などが大好きで見えない世界に強く惹かれていました。

 

>>>詳しく見る

お問い合わせ

TOP